*
*
何故、小規模多機能型居宅介護が認知症にとって画期的なサービスと言われているのか?

小規模多機能は、通い(デイサービス)、訪問(ご自宅への訪問介護)、泊り(施設での宿泊利用) による夜間の時間を含め、24時間365日、認知症の方の介護に同じスタッフが関わっています。

常にお客様の様子、様態の変化をキャッチすることで、生活を困難にしている問題点が整理しやすく、
医師(主治医、専門医)による指示を即時に生活の中に取り入れる事ができ、より効果的な状態改善を見込むことができます。

医師に認知症状について、報告して相談する事により、どんな認知症なのか? その認知症がどの様な状態で日常生活に支障を及ぼしているのか? 等を共に検証し、対処療法や薬物療法の指示を施設スタッフ皆で共有し、様子を観察して、認知症による周辺症状が出来る限り最小限に収まる様、徹底的な取り組みを行っています。

また、認知症の方御本人にとっては、なじみのスタッフ、 なじみの仲間(他のお客様)と気心知れた
環境の中での介護やリハビリを受けられる環境が、ADL向上や、認知症症状の軽減に繋がっています。

*
医師との連携よる認知症状改善事例の一部をご紹介いたします。

改善事例1

小規模多機能
ご利用前

ご家族に対し乱暴な言動・行動があった。朝、機嫌が悪いとデイサービスへ行くのを拒否、 月の半分はデイサービスの利用をキャンセル。介護者が疲弊していた。

医師からの指示・
アドバイス

ご本人の一週間の動向を書き出し、計画作成者とご家族と共に認知症専門医に相談。 検査の結果、前頭葉に障害があり、リズミカルな生活が乱されると、言動・行動が安定されない事が判明。 朝必ず同じ時間にお迎えに伺うことの徹底。週間プランをシンプルなものへ変更しケアを おこなうよう医師から指示があった。

小規模多機能
ご利用後

取り組みを行った週から劇的に改善。ほぼ計画通りのサービス実施が行える状態になる。 ご家族の介護負担が大幅に軽減した。

改善事例2

小規模多機能
ご利用前

アルツハイマー型認知症が進行し、排尿便場所が分からず、自宅、デイサービス、ショートステイ等、 場所、時間に関わらず、尿便失禁があった。

医師からの指示・
アドバイス

排尿便機能は全く問題ないので、介護者が尿意・便意をキャッチしてあげる事により、 尿便失禁は無くなる。とのアドバイスを医師よりいただく。

小規模多機能
ご利用後

小規模ご利用時に、排尿、排便前の行動パターンをリサーチした結果、 排尿前は必ず立上ってズボンのチャックを触る、排便前は立上って手すりに手をかけじっとする、 落ち着かずに歩き回る。等の事前行動があることをキャッチ。 その度にトイレへ誘導する。等のサポートを行う事により、3ヶ月で尿便失禁は改善された。

*
*

①どのようなサービスを使ったらよいかまだ分からない
訪問介護、施設入所、デイサービスなど、たくさんある介護サービスの中で、ご家族にあったサービスを探している方。
小規模多機能は「訪問」「通い」「泊り」の複合サービスをバランスよく提供させていただきます。

②できるだけ在宅で暮らしたい
その思いにおこたえするために小規模多機能はつくられました。在宅にいながら施設のような365日24時間の切れ目ないサービスを受けることができ、できる限り在宅で生活を送ることができるよう、きめ細やかなサービスをご提供いたします。

③将来的に施設入居を検討している
「すぐに施設へ入居する必要はないが、状況の変化には対応できる備えをしておきたい。」 小規模多機能をご利用しながら、弊社併設のグループホームへ入所待ちすることも可能です。(※1)
状況の変化が突然に生じても、小規模であれば365日24時間臨機応変に対応できます。

※1 グループホーム併設事業所はこのページの下部の事業所紹介を御覧ください。
* *

●月曜日(通い)
ご指定の8:30にお迎えに伺います。 バイタルチェックや口腔ケア、 リハビリ体操などの健康管理、 昼食やおやつ、各種レクリエーションを楽しんでいただき、 17:00にお家へお送りいたします。

●水曜日~木曜(通い+泊り)
ご指定の時間にお迎えに伺います。通い(デイサービス)をご利用 後、 夕食、イブニングケアののち、21:00に個室にて就寝していた だきます。 深夜もスタッフが各お部屋を定期巡回しますので安心して お泊りしていただけます。 翌日は通い(デイサービス)ご利用後、 ご指定の時間にお家へお送り いたします。

●土曜日(訪問)
施設には行かず、お家でゆっくり過ごしていただきます。 小規模スタッフがお客様のお家へ訪問いたします。 お弁当をお届けすることもできます。 午前、午後の一日二回の訪問も 可能ですのでお気軽にご相談ください。

*

小規模多機能のケアプランは施設専属のケアマネジャーが作成いたします。 お客様とそのご家族のご希望や、お客様の健康状態をもとに、お客様一人ひとりにあったケアプランを作成し、 通い・泊り・訪問を組み合わせたサービスを提供させていただきます。
お客様の状態をご家族に方へこまめに報告・連絡・相談し、ケアプランの内容を都度見直し、適切なケアをご提供いたします。

*
区分 月額料金 別途請求 料金
要介護1 11,229円 宿泊費 3,610円
要介護2 16,502円 朝食 310円
要介護3 24,004円 昼食 420円
要介護4 26,493円 夕食 670円
要介護5 29,212円 おやつ 100円
※料金は愛・コミュニティホーム川崎野川のものとなります。
各施設の料金は画面下の事業所紹介からご覧いただけます。
■例えば、要介護3の方が、
・通い8回(昼食8、おやつ8、夕食8)
・泊り4回
(昼食4、おやつ4、夕食4、翌朝食4、翌昼食4、翌おやつ4)
・訪問2回
で、一ヶ月ご利用になった場合のご利用合計金額は
56,044円
となります。
(月額料金内訳)
要介護3:24,004円
朝食代:1,240円(4食/月)
昼食代:6,720円(16食/月)
おやつ代:1,600円(16食/月)
夕食代:8,040円(12食/月)
宿泊代:14,440円(4泊/月)

■もし、要介護3の方がお泊りを使わず、週4回(昼食+おやつ付)だけの
 「通い」サービスだけであれば
32,324円
となります。
(月額料金内訳)
要介護3:24,004円
昼食代:6,720円(16食/月)
おやつ代:1,600円(16食/月)
*

①小規模多機能に向くのはどういう方?
■認知症の周辺症状で対応が困難な方。
■支給限度額ギリギリまたはオーバーしてしまう方。
■認知症ゆえに介護サービスへの拒否が強い方。
■病院から退院したばかりで、在宅での生活に不安がある方。
■在宅生活が厳しくなってきており、施設入居を検討し始めている方。

②一ヶ月定額制で利用できるの?
■「通い」と「訪問」は日数にかかわらず一定料金でご利用できます。
■ご利用回数はお客様ごとおケアプランに沿ってご提供いたします。
■食事代、おやつ代、宿泊費、おむつ代は別途いただきます。

③ケアマネさんは変更になるの?
■小規模多機能専属のケアマネジャーに変更になります。
■前ケアマネさんからしっかり情報を引き継ぎますので安心です。

④職員配置はどうなっていますか?
■介護員は3(お客様):1の割合です。
■看護師は1名以上と定められております。
■夜勤・宿直がいますので、夜間の緊急対応も問題ございません。

*
* * * *
* * * *

ページトップへ戻る

*
福岡愛総合福祉(北九州市)