先輩からの声

愛・小規模多機能与野<br>管理者 米谷 さん

愛・小規模多機能与野
管理者 米谷 さん

埼玉県さいたま市中央区八王子1-3-18
TEL:048-851-0903
FAX:048-851-0904

愛・小規模多機能与野<br>管理者 米谷 さん イメージ

Q1 今までの経歴、業務内容について

A1 2002 年に入社しまして、それから他事業所での管理者業務を経て現在はここ愛・小 規模多機能の管理者として、勤怠管理やお客様の利用状況の確認、営業活動やスタッ フの育成、採用等を行っています。

愛・小規模多機能与野<br>管理者 米谷 さん イメージ

Q2 介護の仕事に興味を持ったきっかけは?

A2 私が子供の頃、祖父母とずっと一緒に生活していまして、いつも可愛がってくれていたのですが、自分が高校生になったくらいの頃から段々と足腰が弱くなっていったり、おむつが必要になったりと、段々と弱っていく姿を身近で見る機会が私の成長とともに多くなっていきました。
あまり支えになれない自分に無力感を感じていたところ、ヘルパーさんが家に訪問介護に来るようになりまして、その見事な働きぶりを見る内に、こういう仕事に就くのも悪くないかもしれない、と思ったのが介護の仕事に初めて興味をもった瞬間だったかと思います。

愛・小規模多機能与野<br>管理者 米谷 さん イメージ

Q3 管理者として意識していることは?

A3 スタッフさんとのコミュニケーションを密にすることですね! 仕事の話からプライベートの話まで、とにかく話をする機会を増やしています。 それを続けていくと、例えば朝会った際の挨拶をした時に、「あ、何か悩み事抱えているな」とその時の表情で分かります。
最近は目を見ただけでも分かるようになってきました(笑)。
スタッフさんのメンタルケアは管理者の大事な務めだと思いますので、そういった些細なサインを見逃さないよう、今後もスタッフさんとのコミュニケーションを大事にしていきたいと思っております。

Q4 愛・小規模多機能与野の特徴は?

A4 レクリエーションが活発なところですね!
それもただ沢山レクリエーションをやっているというだけではなく、他の事業所ではやっていないであろう特徴的なレクリエーションをスタッフ皆で考え、協力して実行しています。
例えば最近では秋という季節柄、魚を使ったものをいくつかやっておりまして、炙りサーモンやカツオのたたきを本格的にバーナーで焼いて作りました! 出来たものをお寿司にする工程や、ネギを散らせたり等の盛り付けはお客様にお手伝いいただき、最後はお客様スタッフ皆で美味しくいただきました。 また、料理を味覚だけで終わらせるのではなく、耳で魚がパチパチと炙られる音を聞き、鼻で煙の風味を感じ、目で色鮮やかな盛り付けを楽しみ、口の中でサーモンがとろける感覚を味わい、最後に味を楽しむといった、出来上がりから食べるまでの一連の流れを五感を通じて存分に楽しんでいただきたいと思い、お客様の前でバーナーで炙って調理をしました!
これがお客様にも大変ご好評いただけまして、「またやって欲しい!」と嬉しい感想もいただけました。
今後もスタッフさんと知恵を絞りながら、お客様に心の底から楽しんでいただけるようなレクリエーションを企画、実行していきたいと思います!

Q5 お客様とお話をする上で大事にしていることは?

A5 お客様に寄り添うことですかね。
日頃からお客様やそのご家族様とお話をする機会を多く作り、お客様が今どういったことにお悩みで、それについてどう思われているのか、ご家族のご希望はどのようなものなのか、今お客様が置かれている状況やお客様とそのご家族様の意向等をしっかりと汲み取った上で、他人事ではなく、「それは大変でしたね…」と自分の家のことのように考え共感し、お客様の悩みや不安な気持ちに寄り添って安心していただけるようなコミュニケーションをとるように心がけています。
やはりお客様のことを深く知ろうとせず、取り合えずその場で考えたようなお声掛けをしても相手の心に響くことはないでしょうし、お話を聞いている時も相槌が適当だったり、態度が悪かったりすると私に対して心を開いてくれることは決してないでしょう。
お客様やそのご家族様とのコミュニケーションをする上で一番大事なことは、相手に寄り添う気持ちを持つことであると私は思っていますので、日頃からスタッフさんにもこの気持ちを忘れずにお客様と接していって欲しいと伝えております。

Q6 どういった方が介護の仕事に向いていますか?

A6 やっぱり人と接することが好きな方じゃないですかね。
例え介護未経験でも資格を持っていなくてもその気持ちがあれば続けていくことが出来ると思います。
ただし、介護の仕事は人対人の職業ですので、お客様に寄り添ったケアをする為には 日々のコミュニケーションを通して段々とお客様との距離を縮めて、信頼関係を築いていく必要があります。
ですから、「あまり他人に興味はないし、介護にも興味は全くないけど、何か資格も いらないみたいだし、とりあえずやってみるか」といったような、バイト感覚で入っ てくるような人は長続きしないと思いますので、他の仕事に就くことをおすすめします(笑)。

Q7 休日の過ごし方は?

A7 家族と楽しく過ごしていますね。
こんなご時世ですから外へは遊びに行きづらいので、家に居ながら楽しめることを考えてやっております。
最近は子供たちと一緒に DIY を楽しんでおり、この前は椅子や机を協力しながら作りました!
次は二段ベッドを作ってみようかと、子供たちと画策している最中でございます(笑)。

Q8 求職者にメッセージをお願いします!

A8 介護士としてスタートを切るなら、ここのような小規模多機能型施設から働き始めることが大変お勧めですね!
訪問介護、デイサービス、ショートステイの三形態を経験出来ますし、その中でレク リエーションの企画、実行、免許をお持ちの方であればお客様の送迎業務も担当することもあると思います。
日々の業務を通じて自分がどんなことに向いていて、どんな道に進んでいきたいの か、自身の今後のキャリアについて考えることが出来ますし、何よりここには私がいますので(笑)、私があなたを全力でサポート致します。
ですから、介護には興味あるけれども最後の踏ん切りを中々つけられないでいる方もご安心ください!
是非ここで一緒に働きましょう!
ご応募お待ちしております!

採用について

ja 日本語